平成25年12月5日午後7時より、八幡浜みなっと「みなと交流館 多目的ホール」で仙台住診クリニック院長の川島孝一郎先生をお招きして「在住医療とICFの思想」と題して講演会を開催しました。

「人の生きることの全体」を示す共通言語

 国際生活機能分類(International Classification of Functioning, Disability and Health:ICF)は、世界保健機関が2001年5月22日の世界保健総会(World Health Assembly)において、国際障害分類(1980年採択、International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps:ICIDH)の改訂版として採択、加盟国に勧告している、健康状態、心身機能、障害の状態を相互影響関係及び独立項目として分類し、当事者の視点による生活の包括的・中立的記述をねらいにする医療基準です。人がこの世に存在していることをいかに支えていくかを考えるとき、(生活機能)をどう支えるかと言うことが大切になってきてきます。

 生活機能とは、ICF(国際生活機能分類)の根底にある考え方であり、「人の生きることの全体」を示す共通言語です。
川島先生によると、100%健康な体との比較評価であるICDという“ものさし”で人間を測れば、当然、重度障害も、チューブ栄養も、人工呼吸器依存も、絶望的な結果しか出てこないわけです。それに対して、ICFの視点で考えれば、重度障害があっても、胃ろうになっても、人工呼吸器をつけても、それは、生き方の形を変えただけで、それぞれの状態で精一杯日常生活を送ることができていたら、どの状態でも100点というふうに評価できます。そこで、川島先生は、医療でも、ICFを共通言語にして、支える医療をすすめていくべきと訴えられています。

 講演会には約100名の参加者があり、中には高校生も参加されていました。大変有意義な講演で、資料も沢山ご提供していただきましたことをお礼申し上げます。

 講演スライドをPDFファイルの形式で、川島先生の御許可をいただき掲載しました。このファイルを閲覧するだけでも講演内容がお分かりいただけると思います。
「在宅医療とICFの思惑」(PDFファイルにリンク)

  1. 以下に参加者からのメッセージをまとめました。
  2. 今後の家族の看護に参考
    言葉の使い方が間違っていた
    訪問看護業務に役立て行きたい
    自分の生き方も改められそう
    生きる事への考え方が変わった
    在宅医療の考え方が少し変わった
    自分の人生も楽しみながら生きていきたい
    解釈次第で対応が変わる、ことが理解できた
    老化について正しく伝えていかなくては…
    間違った方向へ勝手な自己誘導を反省
    精神的に幸せな生き方ができるよう支援する
    まずは自己変容の努力から実践して行きたい
    「統合された全体」としてのチームケアをしていきたい
    まさに「目からウロコ」の講演内容であった
    自分が高齢者になった時、支える支えられる人の比が1:1であることに改めて怖さを感じた
    「100%生きた」と言ってもらえるよう関わっていきたい
    続きを聞きたい(現場の様々な話も含めて)
    延命ではなく生き方の大切さが学べた
    川島先生自身が在宅医療訪問を楽しんでいるのが想像に難くない
    「癌の痛みは必ずとれる」と断言してもらい安心した
    sanctityを自身の思考の基にしたい
    資料66P以降をもっと詳しく聞きたかった
    ICFの構造において私たち支援者も常に含まれていることを再認識
    ICFが在宅医療と関連して理解することができた

  3. その他…
  4. 「車椅子や寝たきりになればお終い」という子供さんがいる。どうすれば「車椅子や寝たきりでも歩ける時と同じように…」と変われるかヒントをもらえた。ただとても難しい…

    私は現在88歳の母と二人で暮らしている。父が亡くなり20年、母は1人で生活していた。5年前に自転車で転び歩行困難になった母の希望(這ってでも家にいる)で私は夫と娘の了解を得て東京から帰省した。母の望む生活を親子でケンカしながら行っている。
    川島先生のお言葉をバイブルにして自宅で生活していきます

平成25年3月13日(水)八幡浜医師会・八幡浜在宅医療研究会と市立八幡浜総合病院・八幡浜市共催で第2回地域がん緩和ケア症例検討会(会場:市立八幡浜総合病院中央診療棟3F研修室)が開催されました。

  1. 在宅がん緩和ケアにおける 症状マネジメントの実際
  2. 医療法人 聖愛会 ベテル在宅療養支援センター
    地域看護専門看護師 吉田美由紀先生
    PDFファイルで掲載
1月23日のまとめ

平成25年1月23日に開催された第一回地域がん緩和ケア症例検討会で多職種の方から寄せられた意見です。

  1. 緩和ケアの必要な方を担当するにあたって困ったこと・不安に思うこと
    ~1/23第1回がん緩和症例検討会のグループワークより~
    <ケアマネジャー>
    ① 家族・本人が病気を受け入れられていない混乱している時期に、新規で担当した時、往診医、訪問看護がまだ決まらない間がとても不安だった。
    ② 病気の進行スピードが速く、急変する。
    ③「最後まで自宅で看る」と考えていたが、途中で、家族が「やっぱり病院で」と変わる。
    ④ 受け入れてもらえる医師が限られている。
    ⑤ 経験不足。
  2. ⑥ 医療的な知識が十分ではない。薬のこともよくわからない。
    ⑦ 病状がだんだん悪くなっていくのを目の当たりにして、不安が増した。
    ⑧ がん患者というだけで、「急変したら対応できない」「看取りはできない」などの理由で通所・ショートの利用や施設入所・転院を断られる。

    <介護職>
    ① 症状が不安定な時の対応と連携が不安。
    ・熱があった場合、どこまで連絡すればいいか
    ・傾眠状態が続いた場合。
    ・訪問するたびに状態が変わっている場合。
    ・痰の吸引が必要な状態。
    ・どのような形で水分補給をしたらいいか。
    ・誤嚥が心配。
    ・できるヘルパーとそうでないヘルパーのギャップをどう埋めるかが課題。
    ② 緊急時の対応。
    ・すぐ対応してくれるサービスがない。
    ・ヘルパー訪問時、利用者の体調が悪くても、次の訪問の約束があるので、事務所に連絡はとるが、そのままにして帰ることがある。(とても心配)
    ・具体的な連絡方法の確認が必要。
    ③ 告知の問題
    ・本人家族の意思統一が出来ているところは、訪問しやすいし、ケアもスムーズに受け入れられるが、そうでないところは、関わり方に悩む。

    <看護師>
    ① 急変時や時間外・夜間など連絡のつかない在宅医がいる。
    ② 初回治療した病院(特に市外の病院)の情報がわかりにくい。告知や予後などの説明が不十分。記載もあったりなかったり。
    ③ 告知の状況、治療方針など説明が不十分だったり、患者家族の理解・受止めが十分でない時がある。
    ④ 老老介護や認知症のお年寄りも増え、客観的な判断が難しい。
    ⑤ 病気や治療など情報が十分把握できていない場合、声掛けや対応に悩む
    ⑥ 主治医と患者家族の治療に対する思いのズレがあった場合、関わり方に悩む。
    ⑦ ケアマネや訪問看護師、介護スタッフに対応能力の差がある。
    ⑧ スキルアップのための勉強会等の機会がない。
    ⑨ 医師のムンテラの内容によっては、患者家族に不安が残ることがある。
    ⑩ 悪化時の受入れ先がない。
    ⑪ 急変時の連絡の取り方が難しい。
    ⑫ 独居・高齢夫婦など介護力が弱い家庭が増え、在宅復帰が難しくなっている。
    ⑬ 入院期間が短期間だったり、外来での関わりには時間が限られており、十分な関わりが出来ず、これでよいのかと悩む。
    ⑭ ケアマネや訪問看護との連携のとりかたがわからない。
    ⑮ 病院スタッフと在宅に関わる職種との連携が出来ていない。
    ⑯ 退院先がない
    特に食事がとれない場合、在宅は家族が拒否。施設も受入れ拒否。

    <薬剤師>
    ① 食事が摂れなくなり、物が食べられない苦しさを訴えられた時、対応に困った。
    ② 食欲がおちて、内服薬も飲めないと相談された時、何も出来ない無力さを感じた。
    ③ 病院からの連絡が、処方箋のみなので患者さんの背景もわからず、薬剤師としての対応の仕方に困る。 (病院とのミーティングに参加できないものか?)
    ④ 患者さんの情報の不足(告知の有無など)
    ⑤ 痛みのコントロールや現状把握が弱い。
    ⑥ 服薬状況の確認(老々介護、独居、認知症の老人が増え、正確な情報が得にくい)

平成25年1月23日(水)八幡浜医師会・八幡浜在宅医療研究会と市立八幡浜総合病院共催で第1回地域がん緩和ケア症例検討会(会場:市立八幡浜総合病院中央診療棟3F研修室)が開催されました。

  1. 事例提示とグループディスカッション
  2. 「痛みのある患者さんのケアと連携について」事例提供者;チーム森岡(PDFファイルで掲載:事例提示についてはご本人・ご家族から了解を得ています)
  3. ミニレクチャー「まちの薬剤師のかかわり」PDFファイルで掲載
  4. 講師:(株)ホームメディケア ライフケア薬局  中矢孝志先生

    の内容で2時間の検討会を終了しました。

総合司会をしていただきました八幡浜保健所保健師・竹内さん、事例ディスカッションをコーディネートしていただきました市立八幡浜総合病院外科・蘓村先生、この会のプランニングをしてくださった市立八幡浜総合病院地域連携室・橋本さんお疲れ様でした。今後、この会が在宅医療に関わる多くの専門職が連携して知識と実践のレベルアップにつながる会へ発展することを望みます。

参加者数75名で、職種構成比は以下のとおりです。

 平成24年11月15日(木)に第2回の八幡浜在宅医療研究会が70名余りの方の参加により盛大に行われました。テーマは、「がん緩和ケアと在宅医療について考えること」と題して、市立八幡浜総合病院外科:蘇村秀明先生に講演していただきました。
がん緩和における、①全国と地方の差をなくすこと、また職種の違いでの認識の差をなくすこと。②「和」を増やすこと、役割分担・連携。③「何」のために・「誰」のために?の3点を主軸に、がんについて医学的な側面、がんの疫学的な背景を通して、最近の治療技術の進歩と治療成績などを紹介していただきました。これらの知識のうえで、緩和医療のWHOの定義から、日本のがん緩和ケアの現状とあり方、さまざまな身体症状の対応法についてお話していただきました。最後に当地での多職種協働で、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)的なかかわりにも触れながら緩和医療ネットワークを強化することの重要性についてお話していただきました。
講演後、今回の講演を機に「がん緩和ケア」の勉強会を定期的に開いてほしいなどの声が寄せられました。
蘇村先生、お忙しい中誠にありがとうございました。

    また今回の第2回在宅医療研究会に参加して・・・
  1. 知識と理解が深まった
  2. 今後の仕事に生かしたい
  3. 分かりやすい講義内容であった
  4. 次の研究会(勉強会)の開催が楽しみ

という声がたくさん寄せられました

    具体的な内容として以下のようなものでしたので、一部掲載させて頂きました
  1. コメディカル同士の情報交換システムの確立を望む
  2. PtさんのQOLが向上できるよう頑張りたい
  3. コメディカルの関わり方についても講義をしてほしい
  4. 多職種連携の大切さを痛感した
  5. 緩和ケアを重要視するDr同志ももっと連携してほしい
  6. 多数の参加があることに驚きと期待を感じた
  7. 地域に緩和ケア病棟ができれば
  8. 家族への緩和ケアが重要であることを学んだ
  9. 理想と現実がもっと近づくことを望む
  10. 看取った患者さんや現在関わっている患者さんがおり大変参考になった
  11. 難しくとも実際のコーディネーターが絶対必要
  12. 「差」の問題が具体的に理解できた
  13. コメディカルの方の意見や事例をもっと聞きたい
  14. 自分の知識の足りなさを痛感、自分も努力しなければ
  15. 薬の副作用などの話が具体的で分かりやすかった
  16. 薬剤師として緩和ケアチームに加わりたい
  17. 早く地域一帯で取り組めるシステム作りが必要と思った

今後も数多くの多職種の皆さんに参加いただける内容にしていきたいと思っております。

6/29(金)に第1回の八幡浜在宅医療研究会が100名余りの方の参加により盛大に行われました。
二人の先生(森岡、矢野)による問題提起による形での勉強会であり、その内容をPDFにて掲載しております。

今後も先生方を中心とする意見交換会、コメディカルさん等多職種参加型の第2回勉強会へと繋げてゆきたいと考えておりますので是非ご参加ください。

総合診療・在宅医療|「八幡浜在宅医療研究会」参加への呼びかけ

 現在わが国では、世界に例を見ない速さで高齢化が進行しており、2005年には65歳以上の高齢者人口は全人口の約21%を占めています。
2013年には、高齢者人口が全人口の25%を超える「超高齢社会」に世界で初めて突入すると推定されています。
また、わが国の年間死亡数は現在110万人前後ですが、2038年にピークを迎え170万人を超えると予測されています。
私たちが医療活動をするこの八西地区はすでに超高齢社会に達しており、八幡浜市では最近10年間500人前後で推移していた年間死亡者数が昨年の平成23年には570人と増加してきております。
超高齢社会では、①多死の時代を迎えるということ。②認知症を含む慢性疾患や癌をもつ超高齢者の増加。という2つの側面があります。
高度経済成長時代に病気の検査・治療法が確定し、寿命も延び多くの方々が80歳・90歳まで生きることができる時代を迎えた今、在宅医療の現場にいて「生老病死」という人が生まれ死に至るまでの流れの中で「死は自然なもの」という死生観に変わる必要があるように感じています。
近年医療崩壊が叫ばれていますが、これはおそらく超高齢社会を迎え疾病構造が急性期疾患から慢性期疾患に変化して、現在の病院医療を中心とした医療システムでは現状に対応できなくなったため、医療システム自体が崩壊しているということではないでしょうか。
別の見方をすれば新しい医療システムの再生・再編のプロセスと捉えることができます。このことはキュア(治療医学、病院医療)からケア(予防医学、在宅医療)へのパラダイムシステムが求められているということではないでしょうか。
このような時代背景から、この八西地域での多職種連携で機能する在宅医療のあり方を、地域で展開される医療介護福祉に従事するすべての皆様にお集まりいただき、在宅医療についての技術的な話題も含めて勉強会を定期的に開催し、情報交換の場を持ちたいと思います。
第1回の勉強会を6月29日に予定しています。 詳しくはPDFのリンクをご覧ください。
ご多忙の中、是非ご参加いただきますようお願い申し上げます。

平成24年5月1日

【呼びかけ人】
矢野脳神経外科医院(在宅療養支援診療所):矢野 正仁
旭町内科クリニック(在宅療養支援診療所):森岡 明
谷池内科胃腸科:西野 執

【お問い合わせ】
旭町内科クリニック 院長:森岡 明または事務局:篠原
電話0894-29-1222まで

  1. 他職種連携で機能する在宅医療
  2. 脳血管障害後の在宅医療
  3. 末期がんのケア/在宅緩和ケア
  4. 褥瘡の在宅医療
  5. 認知症の在宅ケア
  6. 在宅感染症対策
  7. 神経難病の在宅ケア
  8. 在宅医療の口腔ケアと歯科医師の役割
  9. 在宅医療と家族看護/訪問看護ステーションの役割
  10. 在宅医療における薬剤師の役割
  11. THP(トータルヘルスプランナー)としてのケアマネジャーの役割
  12. 在宅医療における栄養士の役割
  13. 在宅医療おける呼吸不全と在宅酸素療法
  14. 在宅での皮膚科的問題をどう解決する
  15. 在宅医療とホームヘルプサービス
  16. 在宅での胃ろう増設適応の有無とその管理
  17. 在宅での看取りと家族ケア
  18. 在宅末期がんの予後判定
  19. 超高齢者の在宅でのかかわりについて/老衰の考え方
  20. 在宅医療でおこりうる精神症状とその対策
  21. 在宅医療と泌尿器科的問題の解決

診療のご案内

旭町内科クリニック

〒796-0086
愛媛県八幡浜市旭町三丁目1510番地73
TEL.0894-29-1222

もの忘れ外来の案内

※ 予約制により、原則月曜日〜木曜日の午後に一般外来と並行して物忘れ外来を行なっています。
上記電話番号より受付にて予約をお取り下さい。
また、かかりつけ医のいる方はできるだけ紹介状をご持参ください。なお初回診療は15:30〜17:30頃まで約2時間を予定しておいて下さい。