平成30年2月16日、八幡浜みなっと「みなと交流館 多目的ホール」で多摩ファミリークリニック(神奈川県川崎市多摩区)院長の大橋 博樹先生をお招きして「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)はプロセスであることの重要性〜地域で・多職種で支える意味を考える〜」と題して講演会を開催しました。

 現在わが国では、世界に例を見ない速さで高齢化が進行しており、2005年 には65歳以上の高齢者人口は全人口の約21%を占め、2013年には、高齢者人口が全人口の25%を超える「超高齢社会」に世界で初めて突入しました。
 また、わが国の年間死亡数は現在110万人前後ですが、2038年にピークを迎え170万人を超えると予測されています。 私たちが医療・介護。保健活動をするこの八西地区はすでに超高齢社会に達しており、八幡浜市では最近10年間500人前後で推移していた年間死亡者数が、平成26年には583人と増加してきております。
 超高齢社会では、①多死の時代を迎えるということ。②認知症を含む慢性疾患や癌をもつ超高齢者の増加。という2つの側面があります。
 厚生労働省の終末期医療に関する意識調査等検討会の報告によれば、人生の最終段階における医療に関して、家族と話し合ったことがある人は約40%、逆に全く話し合ったことがない人は約50%を占めています。このように人生の最終段階における医療についての人々の関心はさまざまです。話し合ったことのない人には、今まで考えたことがなかった人や、知識がないため考えられない人も存在する可能性があります。
 医療の現場でも、蘇生不要指示;DNAR指示(do not attempt resuscitation)について多くの混乱がありまありました。場面によっては今も混乱して倫理的観点が問題になることもしばしばあります。DNARに至るまでのその人の経過はどうだったのか、など意思決定に至るまでのプロセスを抜きにしてDNAR指示はあり得ません。
 この患者さんの意思決定支援の観点から、アドバンス・ケア・プランニング(advance care planning : ACP)の取り組みが注目されています。ACPは意思決定能力低下に備えてのプロセス全体を指し、患者さんの価値観を確認し、個々の治療の選択だけでなく、全体的な目標を明確にさせることを目指したケアの取り組み全体のことをいいます。
 厚生労働省は本年(平成30年)3月までに、終末期医療に関するガイドラインを改訂する方針を決めたとの記事が、2018年(平成30年)1月7日付けの愛媛新聞の第一面に掲載されています。これまで病院医療に念頭を置いていた看取りを含めた終末期医療を、ACP概念も含めて在宅医療まで拡大したガイドラインに見直され、改定される予定とのことです。
 このような医療・介護・保健の現場を取り巻く情勢の中で、昨年9月からアドバンス・ケア・プランニング(advance care planning : ACP)に関する講演会を企画準備してきました。
 このたび、多摩ファミリークリニック(神奈川県川崎市多摩区) 院長 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医、総合診療医 大橋 博樹先生をお招きしてACPをテーマに御講演いただくことになりました。

 ACPとADの関係について。ACPはプロセスが重要であること。ACPの具体的な進め方など事例を挙げてわかりやすく御講演していただきました。
 講演で提示されたスライドを、大橋先生の御許可をいただき掲載しました。
 スライドをご覧いただくだけで、内容についてご理解いただけると思います。大橋先生、遠方からお越しいただき、八幡浜で活動する医療・介護・福祉・保健の分野で活動するすべての多職種スタッフのために貴重な御講演誠にありがとうございました。

▶ 御講演スライドをPDF形式で掲載しました。(クリックでPDFを開きます。)

<講演中、講演後のスナップ>

講演会の内容が、地元新聞・八幡浜新聞に紹介されました。



市 民 公 開 講 座
がんになっても八幡浜で安心して過ごしたい!!
~地域に根ざした緩和ケアの構築を目指して~

  1. 2017年12月2日(土)13:00~15:30、
  2. 於:八幡浜市保健福祉総合センター4階
  3. 講師:
    ◎医療法人 聖愛会
     ベテル在宅診療部
     ベテル在宅医療支援センター
     地域看護専門看護師
     所長 吉田 美由紀 先生
    ◎松山ベテル病院
     認定医療社会福祉士
     愛媛県医療ソーシャルワーカー協会
     理事 太田 多佳子 先生
    ◎旭町内科クリニック
     院長 森岡 明 医師

  4. 講演<13:30~14:45>
    ①在宅緩和ケアとは、自宅がホスピスになる?
    ②自宅で医療を支える様々な制度について
    ③がん患者様の自宅での看取り(事例発表)

  5. パネルディスカッション<14:50~15:25>
    八幡浜在宅医療現場の生の声を届けます。
    患者様御家族(石田幸政氏)、市立八幡浜総合病院医師(武田肇先生)、
    薬剤師(井上正廣先生)、訪問看護ステーション(坂本美恵子氏、菊池世津子氏)、
    ケアマネージャー(井上里美氏)、ホームヘルパー(岡亜紀氏)、
    コーディネーター(清水建哉氏) の現場からの報告。

<講演要旨>

吉田 美由紀 先生


多くのがん患者さんが、松山圏域の専門病院へ通院しなが日常生活が長く保たれることがありますが、看取りが近くなると急激に様態が悪くなるのもがんの経過の特徴です。がん緩和ケア病棟がない南予地域では、県が実施するがん緩和ケア・コーディネーターを配置し、コーディネーターは24時間体制の在宅緩和ケアチームと地域の基幹病院との連携を推進し、患者さんとその御家族が希望する生活が地域内で可能になるよう調整する重要な役割を担います。すでに、八幡浜では、チームのサービスによってがん患者さんが在宅で最後まで過ごされています。今後も、症例検討会を月に1回継続され、緩和ケアのスキルアップを図っていくことに期待しています。(PDFファイル①)

太田 多佳子 先生


自宅での医療を支えるさまざまな制度を紹介され、高額医療費負担や所得補償、生活保障など公的制度について解説していただきました。在宅での医療費負担を「医療保険の種類や診療内容によって違ってくる」として、先生が勤務されている松山ベテル病院での事例を交えながら年齢や収入によって異なる費用負担の差や、負担にも限度額が設定されていることのほか、訪問看護における1ヶ月の負担目安についても説明していただきました。がんになると、体の痛みだけでなく、精神的な痛み、社会的な痛み、スピリチュアルな痛みなど全人的な苦痛が生じます。それをどう軽減するか、八幡浜には力強いチームができており心配なく過ごせる緩和の力になっています。(PDFファイル②)

森岡 明 医師


患者様御家族の承諾をいただき、尿膜管がんで亡くなった49歳男性の事例について提示しました。尿膜管がんで、発症12年を経過しておりました。これまで何度も再発を繰り返し、治療への反応もよく、腎瘻、人工肛門を造設されていましたが、仕事にも復帰されていました。平成27年8月に再発。ご本人は在宅での療養を希望され、当院で在宅がん緩和ケアを主体に定期的に訪問診療・看護をすることになりました。予後の説明も冷静に受け止められ、4人の息子さん(上は高校生、下は小学生)にも、自身の口から今後の起こりうるであろう状態を説明され、ご家族も献身的に看護されました。信仰の厚い方で、最期まで自分自身の意思と尊厳を貫いた方でした。がんと診断された時から緩和ケアは始まっており、多専門職連携協働で取り組むことが重要です。


公開講座フライヤー



  1. 2016年3月30日(水)19:00~20:30、
  2. 於:八幡浜みなっと「みなと交流館 多目的ホール」
  3. 講師:市立八幡浜総合病院外科・診療支援部長 的場 勝弘 先生
  4. 演題:「がんの消化器症状に対する緩和治療」

と題して講演会を開催しました。

 第8回講演会で松山べテル病院の中橋 恒先生にがん緩和ケアについてのお話しを、第10回講演会では四国がんセンターの谷水正人先生にがん治療の視点からご講演をお願いしました。

1981年に悪性腫瘍がわが国の死亡原因の第1位になってから久しく、現在も悪腫瘍は全人口の半数近くが一生のうちに一度は罹患するとされ、さらに年々増加し続けています。

がんはもはや特殊な病気ではなく、common disease になったと言えるでしょう。

消化器がんで胃がんを例にとると、胃がんは東アジアに多いがんで、わが国では1960年代大幅な減少傾向にあるとはいえ、死亡率は依然と高く、男女ともに2位を占めています。その他、私たちにとって大腸がん、肝臓がんなど消化器癌の占める割合は大きく、患者さんのQOLを改善するための消化器症状に対する緩和ケアとしての外科的方法はますます重要度を増しています。

加えて、消化器癌・非消化器癌を問わず腹腔内転移をして癌性腹膜炎に伴う諸問題(嘔気・嘔吐、消化管閉塞、腹水など)に対して薬物療法と外科的治療を組み合わせて解決する方法は飛躍的に進歩してきています。

このようながん治療、がん緩和治療の進歩について、外科医の立場から「がんの消化器症状に対する緩和治療」という話題で、市立八幡浜総合病院外科・診療支援部長としてご活躍されている皆さんにも身近な的場 勝弘先生をお招きしてご講演していただきました。

「がんの消化器症状に対する緩和治療」の資料をPDFで掲載しました。また、講演音声記録もあわせて掲載しました。

▶ 的場先生のレクチャー資料と勉強会の内容を音声で掲載しました。
  ※クリックで音声が再生されます。音量にご注意ください。
▶ 講演会の資料をPDFで掲載しました。(クリックでPDFを開きます。)

  1. 的場 勝弘先生講演会アンケート取りまとめ 参加者 76名
  2. 医師 59 男性
     わかり易かった。地域医療スタッフ全員で、緩和医療、終末期医療に取り組んでいきたく思いました。

    医師 56 男性
     非常に理解しやすかった。(腹部のがんの状態と対処など)

    歯科医 57 男性
     悪心・嘔吐について、原因等くわしくお話しいただき大変参考になった。「食欲低下」の原因の中では「4口腔の問題」を取り上げていただきありがとうございました。今後《4月以降》は保険改正のおかげで歯科のある病院へも訪問歯科診療が可能になりますので、この問題を少しでも解消できれば幸いです。

    薬剤師 60 女性
     丁寧なお話有難うございました。

    薬剤師 59 男性
     ストーマ合併症など知らないこともありました。いろいろと知識もできて良かったと思います。今後の仕事に役立てたいと思います。

    薬剤師 52 女性
     大変身近なところから興味深いお話でした。最後大切にしたいところは大変心に響き残りました。

    薬剤師 33 男性
     外科系の緩和治療勉強になりました。(ストーマ、ステント等)有り難うございました。

    薬剤師 女性
     実際に見ることのないストーマの勉強ができたので良かったです。

    保健師 56 女性
     今まで知らなかったことCCART、消化管ステントを知ることができました。(薬についてはまだまだ理解不足ですが) 今、母が大腸がんのオペで先生のお世話になっています。副作用、終末期症状などとても身近に感じました。やはり高齢になっても1/1の検診をすすめたいです。

    保健師 55 女性
     具体的なお話が聞けて良かったです。わかり易かったです。

    保健師 41 女性
     緩和ケアについて、丁寧に教えていただき有り難うございました。

    保健師 25 女性
     身近な医師の講和が聞けて良かったです。

    看護師 55 女性
     消化器症状について理解することができました。わかり易かったと思います。

    看護師 54 女性
     がんになっても最後まで自立した生活を送るためにはやはり緩和治療の重要性その現場に係れる自分たちに求められる大きさを実感した。

    看護師 52 男性
     今まで内科的な緩和ケアは知っていたが、外科的な緩和ケアを詳しく緩解学ぶことができました。医学の進歩を感じました。

    看護師 48 女性
     わかり易い説明でありがたかったです。ゆっくり話して下さったのでわかり易かったです。有り難うございました。

    看護師 47 女性
     大変ためになりました。良かったです。

    看護師 43 女性
     終末期を大切するにあたり、臨んだ場所で過ごす、苦痛が少ない、人として大切にされるなど論文にもありましたが訪問看護で(在宅にて)とても大切に考えております。消化器症状は特に訴えが多く私たちも理解、学習をしなければいけないなと思ます。今日は多くの症状について学ぶことができました。有難うございました。

    看護師 女性
     日々人とかかわる中で、今何がこの方にとって必要な事かを考えながら行動している。本日の講演を仕事の中で行かせていきたいと思う。

    社会福祉士 29 女性
     大変丁寧な講演で勉強になりました。退院支援の参考にさせていただきます。

    ケアマネ 57 女性
     わかり易いこと邊で話していただ空き勉強になりました。

    ケアマネ 56 女性
     今日は有り難うございました。とても勉強になりました。居宅のケアププラン作成に活かせるようにこれから勉強していきたいと思っています。 一つだけ気になったことは、終末期に大切にしたいことの中に金銭的なことがありませんでした がんになっても最後まで自立した生活を送るためにはやはり緩和治療の重要性その現場に係れる、 現在介護保険の負担割合が2割の人が出てきましたが、終末期の医療費がどのくらい必要なのか気になりました。

    ケアマネ 55 女性
     症状緩和には原意に応じた薬物療法、十分なケア、不安を取り除きながらコミニケーションを取ることが重要です。身体的,心理的、環境的要因が重なり様々な変化が起こるためご本人の痛みを少しでも緩和できるように支えられたらと思っています

    ケアマネ 52 女性
     イレウスなど画像を基に説明がありとてもわかり易いお話でした。有難うございました。

    ケアマネ 51 女性
     わかり易い講演会でした。

    ケアマネ 50 女性
     大変参考になりました。ありがとうございました。

    ケアマネ 50 女性
     在宅での緩和ケアを支える立場として、ご本人、ご家族が望まれる生活や大切にしたい思いをしっかりと把握し、できる限りご意向に沿えるような支援ができたらいいと思いました。医学的な知識の習得はなかなか難し貯め、主治医の先生と連携することで支援しやすくなると感じています。今後ともよろしくお願いいたします。

    ケアマネ 46 女性
     具体的な事柄を説明いただきとれも勉強になりました。ありがとうございました。

    ケアマネ 46 男性
     緩和治療についてとても勉強になりました。ありがとうございました。

    ケアマネ 38 男性
     様々な症状の原因について学ぶことができました。

    ケアマネ 39 女性
     わかり易いお話でした。参加してよかったです。

    ケアマネ 36 女性
     講演有難うございました。緩和治療や緩和手術について話が聞けて良かったです。

    ケアマネ 27 女性
     がんになっても、治療や化学療法がいろいろあるだなと思いました。大変勉強になりました。

    ケアマネ 女性
     がんの症状や治療について勉強する機会が持てて良かったです。内容が具体的で、わかり易い言葉で説明して頂けたので良かったです。

    ケアマネ 女性
     大変勉強になりました。ありがとうございました。

    栄養管理士 34 女性
     食べることに関する症状であるのでとても勉強になりました。ありがとうございました。

    作業療法士 29 女性
     がんの症状や治療について勉強する機会が持てて良かったです。内容が具体的でわかり易い消化器は多岐にわたり身体のみでなく様々な面にアプローチが必要なんだと改めて思いました。リハビリとしてなにができるのか考えさせられる良い講演会でした。

    介護福祉士 57 女性
     大変よく分かりました。勉強になりました。ありがとうございました。

    ヘルパー 63 女性
     丁寧でよくわかりました。

    鍼灸マッサージ 57 男性
     消化器がんの治療の概要を聴くことができ参考になった。栄養療法の話を聞きたかった。

    50 女性
     消化器症状痛みについてわかり易かった。治療、ステントについて興味深かった。

    31 女性
     緩和治療の基本的なことを説明して下さりわかり易かったです。

    30 女性
     ストーマについて、普段聞く機会がないので画像も含めて説明してもらえたので良かった。医療に係るものとして支えられる立場になりたいと思う。

    24 女性
     消化器について臨床でも見ることはほとんどなく、もし担当しているクライアントがそのような事態になった際今後さらに勉強していきたいと思います。

    女性
     今後の介護の現場で役立てたい。



  1. 2016年2月16日(火)19:00~20:30、
  2. 於:八幡浜医師会館
  3. 講師:牧野皮フ科 院長 牧野 嘉幸先生を囲んで
  4. 演題:高齢者の皮膚の特徴と主な皮膚病

のテーマで勉強会を開催しました。
 在宅医療の現場で遭遇する多種類の皮膚病変を想定して、外見的特徴から推測される皮膚疾患について解説していただきました。
 高齢者皮膚の機能低下と症状を、皮膚の構造から解説いただき、スキンケアの考え方と方法についてご教授いただきました。ヘアケア、フットケアについても詳細に教えていただきました。
 また、皮膚疾患の在宅医療の代表的な皮膚病変である褥瘡について除圧、栄養と局所処置および評価、そして褥瘡病変の状態に応じた薬剤の使い方まで詳細に解説していただきました。
在宅医療の現場に携わるすべての専門職にとって、明日からすぐに役立つ内容でした。
 牧野先生の御許可をいただき、レクチャー資料と勉強会の内容を音声で掲載しました。
 資料を参照しながら、音声で当日の生の講演をお聞きください。
 牧野嘉幸先生、ありがとうございました。

▶ 牧野先生のレクチャー資料と勉強会の内容を音声で掲載しました。
  ※クリックで音声が再生されます。音量にご注意ください。
▶ 講演会の資料をPDFで掲載しました。(クリックでPDFを開きます。)

診療のご案内

旭町内科クリニック

〒796-0086
愛媛県八幡浜市旭町三丁目1510番地73
TEL.0894-29-1222

もの忘れ外来の案内

※ 予約制により、原則月曜日〜木曜日の午後に一般外来と並行して物忘れ外来を行なっています。
上記電話番号より受付にて予約をお取り下さい。
また、かかりつけ医のいる方はできるだけ紹介状をご持参ください。なお初回診療は15:30〜17:30頃まで約2時間を予定しておいて下さい。