第64回 八幡浜在宅緩和ケア症例検討会

  1. 場所:八幡浜市保健福祉総合センター4階 会議室
  2. 日時:令和元年8月2日(金);午後7時~8時30分

<症例>

62歳男性、膵体尾部癌

<発表者>

①医師会コーディネータ¬ーより家族背景などについて
 八幡浜医師会:清水 建哉ケアマネージャーから
②主治医より症例報告
 中野医院:中野 憲仁医師から
③訪問看護の経過について
 看護ステーションひかり:吉岡 邦江看護師から
④行政の取り組み
 伊方町地域包括支援センター:井上 操センター長から

<症例>

PDFファイル「第64回八幡浜在宅緩和ケア症例検討会資料」をダウンロードしてご参照ください

<議論の要点>

  • 家族の歴史、関係性の中でそれぞれの思いを抱えながらも、その人らしく生きる為に、様々な支援者が連携しながら関わることの大切さについて意見交換がなされました。
  • がん緩和ケアではトータルペイン(4つの痛み)のうち、医療者は身体的な痛みに目が生きがちですが、ソーシャルワーカーの目から、経済的な痛み(社会的な痛み)にも注目した支援が必要。

<職種別参加者数>

合計  50名
医師 8名 社会福祉士 1名
歯科医 2名 ケアマネ 13名
保健師 4名 介護 3名
薬剤師 4名 その他 0名
看護師 14名 事務 1名

<アンケートから>

以下に参加者からのメッセージをまとめました。

  • ケアマネ

    「社会的痛み」について意見がありましたが、もっともだと思いました。

    今回、担当させていただき勉強になりました。

    私自身、「死」について考えながら、本人や家族様、関係者様と時間を共有できたと思います。

  • 保健師

    この家庭への支援は、地域や家庭を良く知っている地域包括が関わっていたことも支援が本人のみでなく家族の支援につながったと思います。

    今回のケースは健診からの発見という事ですが、やはり検診は大事で、健診受診率の高い町での事例でしたが、開業の先生方も通常受診では不可の検査項目があれば自治体の健診をおすすめして頂ければ有難いです。

    支援を受けることは、良い意味で「助けられ上手」とも言えます。自立心を持ちながら必要であれば助けられることも良いことで、大事だという教育も必要だと思います。

  • ヘルパー

    医療費の説明は最初に行うということは、とても重要な部分だと思いました。

  • 薬剤師

    お金への価値観の難しさを学ばせていただきました。そのために介入が難しくなり手をさし伸ばしにくい状況の中で苦労されたのだと感じました。

  • 保健師

    家族の歴史、関係性の中でそれぞれの思いを抱えながらも、その人らしく生きる為に、様々な支援者が連携しながら関わられているケースで勉強になりました。

  • 保健師

    いつも自分だったらどう関わるだろうかと考えながら聞いていますが、質疑応答を聞き、自分の考えの浅さを痛感します。今回も「本人が一番大事にしているものは何か」という原点を忘れてはいけないと改めて思いました。

  • ヘルパー

    在宅ケアは、本人を中心に本人はもちろん家族も含めてのケアが大切だと思います。

    医師を含めての在宅医療、ケアは本当に家族も安心できたと思います。良いチームケアがこれからも進むと良いと思います。ヘルパーも含めてチームになれるよう頑張っていきたいです。

  • 薬剤師

    フェントステープとオキシコンチンへの変更の仕方は勉強になりました。

    「本人が大切にしているものは何か」を知る事で、治療の道が見え介護が始まるということが心に残りました。

第63回 八幡浜在宅緩和ケア症例検討会

  1. 場所:八幡浜市保健福祉総合センター4階 会議室
  2. 日時:令和元年7月5日(金);午後7時~8時30分

<症例>

96歳女性、僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁腱索断裂)、慢性心不全、再発性誤嚥性肺炎、慢性腎臓病、老衰

<発表者>

①医師会コーディネータ¬ーより症例(1)の家族背景などについて
 八幡浜医師会:清水 建哉ケアマネージャーから
②主治医より症例報告
 旭町内科クリニック:森岡 明医師から
③訪問看護の経過について
 八幡浜医師会訪問看護ステーション:坂本 美惠子看護師から

<症例>

PDFファイル「第63回八幡浜在宅緩和ケア症例検討会資料」をダウンロードしてご参照ください

<議論の要点>

  • 代表的な非がん疾患である慢性心不全の症例だった。高齢の患者さんと娘さん二人暮らしのケースで、訪問看護がかかわった歴史は長い事例だった。患者さんの人生最後の段階を迎えて、娘さんが母の死をなかなか受け入れられない場合のかかわりについて議論された。

<職種別参加者数>

合計  55名
医師 7名 社会福祉士 3名
歯科医 2名 ケアマネ 13名
保健師 2名 介護 5名
薬剤師 4名 その他 0名
看護師 18名 事務 1名

<アンケートから>

以下に参加者からのメッセージをまとめました。

  • 医師

    日本心不全学会は2016年に「高齢者心不全患者の治療に関するステートメント」を発表し、そのなかでアドバンス・ケア・プランニング(ACP)と緩和ケアについての提唱が行われました。しかしながら心不全の緩和、終末期ケアはまだまだ確立されたものではありません。
    今後、この会が非がん患者の代表格である心不全終末期について考え、発展させる場になってほしいです。

  • 薬剤師

    人は思いがけず、独りよがりになることがあるかもしれません。無理強いすれば離れてしまいかねない。一つの事を伝えるのに色々な言葉があり、それを選択することは難しい。本当にそう思いました。
    服薬を望まない人にどうすれば抵抗なく医師の指示通りに服薬してもらえるのか、私の立場なりに考え続けていきたいと思います。そして、人に教わり続けていきたいと思います。

  • 看護師

    患者様、家族様のケアをする上で、会話の中にヒントがあり、視点を変えると情報が得られることを学びました。

  • ケアマネ

    今回の娘様は、ケアマネでない立場で関わらせていただきましたが、症例でみると、とても難しい方の印象をうけました。向かっている先は一緒でも、娘さんの気持ちや理想が高かった分、支援者としては難しい時もありました。時間はかかりましたが接する中で、いろいろ話をしていただき雪解け水のように少しずつ受け入れて下さった娘さんですが、ある意味一生懸命、お母様との時間を過ごされていたことを知り驚きました。
    現在、心疾患をお持ちでADLが少しずつ落ちてきている方を担当しています。今日学んだことを生かしていきたいと思います。

  • 介護

    今回は娘さんの母に対する思いをどうしていくかが難しい問題でした。人に伝える事の難しさを感じました。娘さんの気持ちや考え方を聞くことが大事だと思いました。寄り添うということには色々なケースがあると思いました。

第62回 八幡浜在宅緩和ケア症例検討会

  1. 場所:八幡浜市保健福祉総合センター4階 会議室
  2. 日時:令和元年6月7日(金);午後7時~8時30分

<症例>

(1)85歳 男性 認知症・廃用症候群・誤嚥性肺炎(在宅にて永眠)
(2)91歳 女性 認知症・心不全・廃用症候群・誤嚥性肺炎(入院中)
(3)88歳 女性 脳梗塞後遺症(左片麻痺)(入院中)

<発表者>

①医師会コーディネータ¬ーより症例(1)の家族背景などについて
 八幡浜医師会:清水 建哉ケアマネージャーから
②主治医より症例(1)(2)(3)全例の病状経過について
 矢野脳神経外科:矢野 正仁医師から
③症例(1)の訪問看護の経過について
 訪問看護ステーションSetsuko:菊池 世津子看護師から
④症例(1)の口腔ケアの取り組み
 瀬尾歯科医院:谷本 芙美歯科衛生士から

<症例>

PDFファイル「第62回八幡浜在宅緩和ケア症例検討会資料」をダウンロードしてご参照ください

PDFファイル「第62回緩和ケア検討会資料」をダウンロードしてご参照ください

<議論の要点>

  • 「いのちの終わり」における意思決定の特殊性は、意思決定した行為や結果を本人が検証しえないという点。だからこそ信頼関係の構築がなにより重要。
  • 患者さん本人のベスト・インタレスト(その人らしい生き方を模索すること)を考えるという態度は、医療コミュニケーションの本質。
  • いのちの終わりに向き合う時こそ、その方の生きてきた道のり、過去について丁寧に教わる必要がある。その方の死生観や価値観を教わらずして、支援方法は見いだせない。
  • とかく私たちは目の前のこと(今)にとらわれて、(過去)について知ろうとしない傾向がある。答えは全て、その方の生きてきたストーリーの中にあると思われ、貴重な人生の物語を、その方の言葉で教わることに、価値があるのではないか。
  • 食べることができなくなった方への、口腔ケアについて。

<職種別参加者数>

合計  61名
医師 6名 社会福祉士 2名
歯科医 1名 ケアマネ 19名
保健師 2名 介護 6名
薬剤師 6名 その他 1名
看護師 17名 事務 1名

<アンケートから>

以下に参加者からのメッセージをまとめました。

  • 薬剤師

    家族関係図を確認する時に、亡くなった人に関しても確認し話を聞くことは、その人の人生における価値観を知ることとなり、すべての糸口となるのかもしれません。終末期に関わることとは、その人の人生をたどることから始めなければならない。短い関わりの中でいかに感じる事ができるか、自分に不安が出てきます。
    食べ物の経口摂取に関しては、これから勉強していきたいと思います。
    全てがその人の日常生活を知ることから始まるのでしょうが、これが難しいと痛感しました。

  • ケアマネ

    QOLについて、今実際に関わっている方のことを考えました。本人の思いや希望に寄り添う援助をしたいと思いました。症例を聞いて、様々な専門職が関わり連携しながら、在宅の看取りを支えていると思いました。
    経口摂取についての考え方がとても参考になりました。

  • ケアマネ

    口腔ケアの具体的な説明があり、とてもわかりやすく勉強になりました。

  • 薬剤師

    非がんの看取りの話で、非常に勉強になりました。
    推測ではなく事実を知るという言葉が自分に突き刺さりました。

  • 薬剤師

    切口の多さが多職種の勉強会の魅力だと感じました。

  • 保健師

    回復の可能性があるにもかかわらず、治療やサービスを拒否する方の「意思決定」に対して、どう対応していくのか。その意思を尊重し、放置してしまうことは、倫理的に問題にならないのか。実際に関わったケースで悩んだことがあります。今日の事例のテーマとなった「意思決定」と「倫理」について、参加者で、もう少しフリーに話し合い議論ができれば有難いと思います。今でも自分の関わりをどう評価していいのか悩んでいます。

  • ケアマネ

    命の管理、お金の管理を誰がどうしていくのか、今後大きな課題となってくると思います。

  • ケアマネ

    経口摂取困難で意思決定ができず、家族の受入れも難しいケースはどうケアすれば良いのか、悩むところです。QOLを大事にして最善の方法を探ることが必要だと思います。

  • ケアマネ

    訪問歯科診療の利用に関わったことがなかったので、どのようなことをしているのか知ることができ勉強になりました。

  • 言語聴覚士

    退院時、食事についての指導を考える必要があると思いました。

第61回 八幡浜在宅緩和ケア症例検討会

  1. 場所:八幡浜市保健福祉総合センター4階 会議室
  2. 日時:平成31年5月10日(金);午後7時~8時30分

<症例>

92歳、女性

<傷病名>

胆嚢癌・肝内胆管癌

<発表者>

①医師会コーディネータ¬ーより家族背景などについて
 八幡浜医師会:清水 建哉ケアマネージャーから
②主治医より病状経過について
 谷池内科・胃腸科森:西野 執医師から
③訪問看護の経過について
 八幡浜医師会訪問看護ステーション:松平 直美看護師から

<症例>

PDFファイルをダウンロードしてご参照ください

<議論の要点>

  • 日本臨床倫理学会出席の報告。
  • 医師による余命の説明が看取る家族の意思決定に大きな影響を与えました。家族にだって生活がある。
    見通しを伝えることの重要性。
  • 病院主治医からのコメントなど、病院・診療所・訪問看護・訪問介護など、多職種連携の成果について話しあわれました。

<職種別参加者数>

合計  43名
医師 8名 社会福祉士 2名
歯科医 1名 ケアマネ 11名
保健師 3名 介護 1名
薬剤師 2名 その他 1名
看護師 13名 事務 1名

<アンケートから>

以下に参加者からのメッセージをまとめました。

  • 歯科医

    お孫さんのお気持ちもよくわかりますし、医療サイドの気持ち、思いも良く理解できます。家族が周りにたくさんいれば、割り切って役割分担をしても良かったと思いました。
    西野先生のそのタイミングが大切だったと思います。正しいことを伝える動作は重要だと思います。森岡先生の「見通し」というキーワードは今後診療に使わせていただきます。

  • 看護師

    他職種連携及び役割の努力の結果、連動する看取りであったと思います。清水ケアマネの多職種へのパイプ役はいつも感謝しています。

  • ケアマネ

    ご長男様の支援の際にお手伝いさせていただきました。ご本人様はとてもしっかりとぶれることなく、息子様の疾病と向き合い、寄り添っておられた姿を今も思い出します。最後まで気丈に自分の生活をご自分らしく生きぬかれたご本人様の生き方に感動しました。お孫様が家業を背負い、父親やお母様がわりのご本人様、義父様を見送るという大役を一気に受け止める辛さやしんどさは想像を絶するものだと思います。ましてや、ご家族の培ってきた名声や地位などに押しつぶされそうになっても愚痴を言わず、気持ちを整理することも難しかったのではないでしょうか。とかくご利用者様だけに視点を合せて支援をしてしまいがちですが、周りにいるサポーターの方やご家族の精神的な支援も行う必要があると自分で再確認できました。
    最期まで細かくご支援された皆様のおかげで、ご家族様が最期まで一緒に過ごせるようにサポートされたことは、今後の支援にも生かせるように私も学んでいきたいと感じました。

  • 保健師

    ご本人様が最期の生き方を意思決定できる方で、それを支えてくれる周りの方がいらっしゃったことは大きかったと感じました。
    この症例検討会そのものが、支援者のグリーフケアになっていると思いました。色んな方がそれぞれの立場で思いや考えを安心して話せる機会はとても大切だと思いました。

  • ケアマネ

    今回は家族さんがひ孫夫婦という症例だったのですが、仕事も大変な時に本人さんを看取れるのか不安だったと思います。本人の希望通り家におられたのは良かったです。周りのサポートの大切さがわかりました。

  • 保健師

    「怒鳴りあえる」は相手に甘えている、そんな気持ちがあるからだと言われていましたが、私も振り返ってみるとそのような背景があると思いました。
    医者の気持ちがお孫さんに伝わり、本人の思う生き方ができたと思います。介護サービスでも、本人の意思より家族の意向が優先されることが多々ありますが、このような生き方ができてチームの関わりが良かったと思いました。本人にとってもお孫さんにとっても、ご家族にとってもベターだったと思います。

診療のご案内

旭町内科クリニック

〒796-0086
愛媛県八幡浜市旭町三丁目1510番地73
TEL.0894-29-1222

もの忘れ外来の案内

※ 予約制により、原則月曜日〜木曜日の午後に一般外来と並行して物忘れ外来を行なっています。
上記電話番号より受付にて予約をお取り下さい。
また、かかりつけ医のいる方はできるだけ紹介状をご持参ください。なお初回診療は15:30〜17:30頃まで約2時間を予定しておいて下さい。